P.K.A.W.フリーゲ NITTO1/20キット


フィギュア


 フリーゲは窓付きなので搭乗員を作ります。
 ヘルメットの透明シールドはヒートプレスで。エポパテをヘルメット内側に押し付けてそれから原型を削りだし、食玩パッケージの塩ビをライターで炙って押し付ける。この程度のサイズなら楽勝です。
 フィギュアヘッドはファイアボールから、ボディーはカウツから持ってきて加工。後はめが楽になります。
 組み付け位置は窓からちゃんと顔が見える様にかさ上げ。(腕の挿入位置がおかしくなる理屈だけど、まあ、模型上の演出-ぶっちゃけ雰囲気優先で)


(20/11/2003 UPDATE)フィギュアを塗る。
 完成後どうせほとんど見えなくなるので適当に。(本格の人に怒られそうだ)
 ヘルメットはディテーリングして下地塗りの状態。


(15/12/2003 UPDATE)ヘルメットを仕上げる。
 塩ビ絞り出しの透明シールドをはめ込みました。額部のアウターシールドはスモークを強めに吹きつけて表現。封じ込めてしまうとほとんど解からなくなるので、グロスブラックのべた塗りでもよかったかも。その反省も踏まえつつ墨入れは露骨に黒で。本当ならライトグレーなところですね。

 スプリングで吸気供給ホースを再現し、フィギュアに被せ首元をシーリング。ボディーシェルに乗せてみました。オジサンのご満悦な顔がなんか楽しい。

 封入。手足を付けて立たせてみる。
 異色のデザインなのにちゃんとP.K.A.していてカッコいい。ブレッヒマンMK41に通じるデザインですね。

つづく


次ページへ主頁へ



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO