P.K.A.D DORA モデルカステン製 1/20キャストパーツ使用


   グッカーの修理とほぼ同時に作り始めたので、これも長いこと寝かせてあったことになりますねえ。
   で、ダイコン本当はこれか、フリーゲを出そうかと思ってました。でも気が付くと全然違ってました。よくある事だ。


キャストパーツ。元はホルニッセのパーツですね。薄々にします。これが厚ぼったいと何だか悲しい。

   腕は蛇腹部分をP.K.A.H二個分使ってポージングの幅を広げてみる。どうせ固定にするのだけど。
   レーザーは機関部を二個一で延長。遠距離射撃向きにバレルも少し変えてみました。
   マニピュレターアームはH系の簡易型を採用。ドーラの用途を考えるとこれで十分なはず。
   キャノピー。今回はエポパテで枠付け。
      

   エンジンはキャストパーツではなく、ジャンクの中からプラパーツを拾ってきて使用。もったいなかったので。
   腹部センサーボックスにはグッカー同様、1/76ヤクトティーガーの予備履帯を加工して仕込んでいます。蓋ですね。
   フィギュア。ヘッドはP.K.Aから転用加工。
          

   とりあえず立たせる。ボディーシェルにキャストパーツが大量投入されているので、足の中には鉛ウエイトを仕込んでおく。そうしないと悲しい事故がおきる。
   そしてオマケの不良品。ニットーさん、悲しかったですよ。
   

つづく


次ページ主頁へ



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO